秘書代行サービス利用のメリットと評判

秘書代行サービスって?どのような種類があるの?

とても便利な秘書代行を利用になられる方が最近増えています。秘書代行は昭和40年代には始まっている、歴史ある代行サービスですが、現代社会でますます注目を集めているサービスです。秘書代行には、ボイスワープなど電話転送サービスを利用することによって、業者側の電話番号を依頼者へ通話を転送するパターンと、その逆で依頼者側の電話番号から業者へと逆に転送するパターンというように2種類あります。次にこの2種類について詳しく見ていきましょう。


秘書代行の種類について

(1)貸し電話サービスとは
秘書代行業者は電話番号を貸すだけにとどまって、電話応対は依頼者が行うというのがこちらのタイプです。秘書代行業者が用意した電話回線に掛かってくる通話を、依頼者の電話回線にボイスワープし、依頼者が会話をします。貸し電話サービスとも呼ばれ、秘書代行業者がサービスの提供を行います。どのような方が利用するのかというと、電話番号から会社の所在地が分かるため、地方やSOHO事業者が東京などの一等地に事務所があると見せたい場合に、事業者が利用されます。


(2)ボイスワープ方式とは
依頼者側の電話回線に掛かってきた通話を、電話代行業者に転送することによって、代行業者がその電話の対応をするというものです。どのような方が利用するのかというと、出張などが多い個人事業主の方や、小規模事務所で昼食時間の際のみの代行利用、事務員が少人数しかいない会社や、苦情や返品受付など特定の窓口として、電話が掛かってくる顧客からの電話を受けられるようにするために、利用される場合が多いです。


(3)コールセンター型電話代行とは
秘書代行というと、こちらを思い浮かべる方も多いと思いますが、秘書代行の業者が顧客対応の窓口となって、定期的にその内容を依頼者に報告するものです。外注型コールセンターとも呼ばれ、格安プランでは1ヶ月4,500円程度から利用することが可能です。


秘書代行サービスはお試しも可能です

秘書代行サービスが気になるなら、1週間などお試しができるサービスを実施している秘書代行業者もありますので、まずはそちらに申し込んでみるのも良いでしょう。様々な種類がありますので、最適なものを是非、お選び下さい。

ABOUT

運営者
ビジネスサポート.info
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。